バカラとは? バカラの意味を詳しく解説

バカラとは

バカラの意味は何?その起源と歴史

バカラとは「カジノの王様」と呼ばれるほど高い人気を誇るゲームです。日本をはじめ、アジアのカジノで特に人気があり、高額ベットをする「ハイローラー」と呼ばれるギャンブラーが特に好んでプレイするゲームとして有名です。

バカラのルールは簡単でカジノが初めての人でもすぐゲームに参加できます。バカラは現在はラスベガスやマカオのカジノやオンラインカジノで広く楽しまれていますが、長い歴史を持つゲームでもあります。その起源はイタリアにあると言われ、バカラの意味は「ゼロ」となります。その始まりからアメリカで広まるまでの歴史をみてみましょう。

バカラとはどんなゲーム?

バカラはハイローラーが好むゲーム。大王製紙の元会長である井川意高氏が100億円を超える大金を溶かしたり、アメリカの元大統領トランプ氏が経営するカジノで600万ドル(約9億円)の大勝利、その後の勝負で1000万ドル(約15億円)の敗北を喫した柏木昭男氏など、とにかく桁違いの金額を賭けるハイローラー伝説の多くがバカラによるものです。

そう聞くとカジノ初心者がおいそれと手を出す事のできないゲームのような気がしますが、実はバカラのルールは非常にシンプルで、AとBのどちらが勝つかまたは引き分けかの3つの選択肢から選んでチップを賭けるだけなのです。引き分けになる可能性は低いので、主に二者択一のゲームになります。

バカラのルールは簡単

バカラのルールは実はとてもシンプルです。カジノディーラーがテーブル上の2箇所(「プレイヤー」と「バンカー」)にカードを2枚配り、その数字を合計した1桁目が大きいほうを予想して当てるというものになります。条件によってはそれぞれ、3枚目が配られることがあります。

ゲームに参加する人は単純に、「プレイヤー側」と「バンカー側」のどちらが勝つのか、あるいは引き分けになるかを予想してベットします。

予想が当たれば次のような配当を獲得できます。

  • プレイヤー側の勝ち 2倍
  • バンカー側の勝ち 1.95倍
  • 引き分け 9倍

ほぼ半分に近い確率で当たる可能性があるので、何回がベットすれば一回も勝てないという事はまずないでしょう。当たった時の倍率は2倍程度なので、$10を「PLAYER」に賭けて当たった場合$20の配当。バカラで億単位の金額を獲得したり損失したりするハイローラーが、いかに大金を賭けているか、考えるだけでドキドキしますね。

バカラの意味とゲームのつながりは?

しかしこのルールからは、バカラの意味とのつながりを伺い知ることはできません。

たとえば「ルーレット」はフランス語で「小さな輪」を意味します。「ブラックジャック」は第一次世界大戦の頃のカジノゲームに由来します。スペードのエースと色が黒(ブラック)の「ジャック」の2枚の手札で勝利したプレイヤーに高い配当が出たことから名がつきました。

「ポーカー」は1800年初頭にフランスで流行った「ポケ(Poque)」というゲームの名前が由来だと言われます。それでは「バカラ」の言葉の由来は何なのでしょうか。

「バカラ」の意味は「ゼロ」

カジノゲームのバカラの意味は元々イタリア語で「ゼロ」や「破産」を意味すると言われています。

なぜバカラの意味とこのゲームが結びついたのかは諸説ありますが、「4と6」からなるカードは価値がゼロであることが理由と言われます。

バカラは配られたカードの数字を合計して1桁目を比べます。「4と6」であれば1桁目は「0」となり、これは負けを意味します。つまり「価値がゼロの手」であるということです。

バカラの歴史

バカラの意味はわかりましたが、このゲームはそもそもどこで始まったのでしょうか。その起源は諸説ありますが、イタリアのタロットカードであるという説が有力です。

イタリアのタロットカードが起源

14世紀のイタリアでは「Tarrochi」という名前のタロットゲームがありました。それをイタリア人の「Felix Falguiere」が現在のバカラのようなルールにしたと言われています。

15世紀末になると、このバカラはイタリアとの紛争から帰還した兵士によってフランスに持ち込まれました。そしてフランス貴族の間で人気となり、「Á deux tableaux」というゲームに発展しています。

フランスでさまざまなバリエーションが

やがてフランス全土のカジノなどでバカラは広まり、1837年にルイ・フィリップ1世が禁止しました。あまりにも多くの貴族がプレイしていたことを憂慮し、カジノを違法化したのです。

しかしその後もバカラはバリエーションを増やし、さまざまなルールで遊ばれ続けていきます。おもに「Baccarat en Banque(バカラバンク)」と「Chemin de Fer(シェマンドフェール)」という2つのバリエーションが人気を集めていました。

Chemin de Ferはフランス語で「鉄道」を意味します。1832年にフランスで鉄道が開業したことを背景に広まったのです。

イギリスではスキャンダルがきっかけに

フランスでは違法となったバカラですが、イギリスに伝わり1886年にはイギリスでも違法となります。

しかし1901年に国王となった王位継承者のエドワード7世が、1891年の「ロイヤル・バカラ・スキャンダル」により法廷に立つという事件が起きました。

これは禁止されているバカラを行い、そこでのイカサマが原因で取り交わされた誓約書が世間に広まったというものです。その誓約書によりエドワード7世がバカラをプレイしていたことが発覚したのです。

この事件が国中の注目を集めたことでバカラが一般人にも広まりました。やがてイギリスからアメリカへとバカラは伝わります。

アメリカでは1958年に広まる

アメリカでのバカラに関する最古の文献とみられているのは、1871年の「New York Times」です。

ここではニュージャージー州ロングビーチのギャンブルクラブハウスについて記載されており、そこにルーレットやバカラについて書かれています。ただしバカラの意味については触れていないようです。

当時はまだバカラは一般にさほど認知されておらず、カジノでも人気はありませんでした。状況が一変したのは1953年にジェームズ・ボンドの最初の小説「カジノ・ロワイヤル」が発売されてからです。

ここにボンドとソ連の工作員がフランスで流行したバカラのひとつ「Chemin de fe」で勝負する場面が描かれています。そしてゲームの詳しいルールが書かれていました。

これを契機にラスベガス・サンズが1958年にカジノテーブルで「Chemin de fe」を提供し、アメリカでもカジノでバカラが広まることになります。

バカラとは?バカラの意味 まとめ

14世紀のヨーロッパで生まれ、様々に発展しながら現在も世界中のカジノやオンラインでバカラは親しまれています。その過程で様々なバカラ必勝法が生み出されています。

バカラの意味は「ゼロ」であり「破産」であるというのも、多くのハイローラーがバカラで大勝負に出て大金を失っていることからも納得できる気がします。資金が倍になるかゼロになるかという究極の2択である事が、バカラがギャンブラーの血を騒がせる理由でしょう。